スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ウミガメ

    先日、ナイトダイビングに行ったときのこと。

    久しぶりのダイビングっていう知人といったので、ビーチダイビングにしようと、貝殻屋ホームの池治からエントリー。
    沖にある三つ岩というポイントを目指す。

    その途中にあるリーフの小型洞窟。

    あれっ 何かいる?

    除くとウミガメが3匹眠ってる。
    よくウミガメが眠っているのは遭遇するんだけど、複数で眠っているのを見るのははじめての出来事。

    ちょっとイタズラしてみた。


    起きない・・・。


    死んでるのか?

    と思った瞬間・・・。

    俺に向かって突っ込んできた。


    ちょっとピックリ。

    例年、5月くらいから産卵のため、池治を始め、数箇所に上陸するアカウミガメ、アオウミガメ。
    産卵事や小亀の孵化のときに見学にいくのですが、島の人のマナーが悪すぎる。
    昨年は、最低でした。
    ライトを消せといっても消さない大人。
    順番を譲らない人。
    子供にウミガメを持たせ記念撮影する人。

    見かねて、

    [亀がかわいそうだから触らないで]と叫ぶ人にブーイングする始末。

    今年からは、役場にも申し入れをして、産卵場所を囲わないようにします。
    そして、孵化の日も誰にも教えません。
    ルールを守ると約束した人だけに教えます。

    あしからず。





    さて、話は変わりますが、先日告知した東北の音楽野外パーティー 
    PSY-ZEN=SENの昨年の動画発見
    youtubeはgooglechorme で見ると見やすいですよ。

    前方でガチ踊りしてる知人が多数・・・。
    あーーーイキてーーー。

    まずは、DJ RYUGUU



    SLUM



    我らがsamさんの作ったPV



    LIVE ANCIENT-BEACH
    スポンサーサイト

    情報提供のお願い

    ㈱喜界島LifeStyleでは皆様の御情報をお待ちしております。
    では、どういった情報が欲しいかというと。

    ①濡れたままでも、もしくウェットスーツ、水着で軽く濡れたままで食事をさせていただけれる飲食店。

    シーカヤックの1日コースでは基本、食事はビーチで作りますが、ダイビングの際の昼食ができる場所を求めています。
    現在は、時間にかなり余裕があるときは、

    お遍路うどん でこ さん
    茶屋 さん
    器 さん
    に無理を聞いていただきお願いしています。

    時間がほとんどないときは

    シーサイド さん

    にお願いしております。

    40分程度の時間しかないときの食事の提供先の情報を求めています。

    弁当にしろよ!!って言われるかもしれませんが・・・。
    できるだけ好きなものを食べていただきたいので。

    うちの店もいいよ!!って経営者の方。
    あそこは大丈夫!!って情報。

    お待ちしております。

    そして時間がまったくないときの弁当を配達していただけるお店の情報も教えていただきたいです。


    宜しくお願いします。

    そして、あと一つお願いが・・・。

    カヤックが打ち上げられているのを見つけた場合にご連絡をいただきたいです。
    1、数年前の西表島での事故でのカヤック
    2、奄美大島の某カヤックガイドのカヤック
    この二つの情報を求めています。
    カヤックだけではなく、
    PFD(ライフジャケット)
    パドル等を見つけた場合もご連絡をお願いします。
    事故の解明につながる可能性がありますので宜しくお願いします。

    そういったものを見つけた場合は

    kaigaraya@drive.ocn.ne.jp
    0997-65-1917
    までお願いします。


    シーカヤック

    今日と明日は奄美シーカヤックマラソン!!!


    でもね。今年は参加できないんです・・・。
    皆既日食の受け入れでヘルパースタッフがすでに喜界入りしているのと、イベントの打ち合わせでやっぱり島にいないとマズイかなと思って。

    だけどね、日程がちかづいてくると、体がむずむずしてくるんです。

    そんでもって、色んな方から連絡がくると・・・。


    「オオーーわたるクン。久しぶり もう奄美に入った?」
    なんて聞かれたりして・・・。



    しまったーーー!!! エントリーすれば良かった!!

    まあ、でもしょうがないですよ。

    とりあえず、皆さんが無事故で奄美の海を楽しめることを祈っています。

    GULFBLUEの長谷川さんチームも、シーカヤックツーリングカンパニーの中尾さんたちも、海面クラブの皆さんも、長瀬夫妻も、生チンも宇検村の松枝さんも・・・。

    頑張ってください。

    来年は行きます!!
    後夜祭メインで!!



    新聞に!!


    http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=17500

    以前、記事に書いた日本最大級のハマサンゴ!!
    ついに東京大学の研究チームが発表しましたね。
    鹿児島県では南日本新聞が報道しましたが、全国の地方紙でも掲載されたらしく、全国からお問い合わせが来ています。

    今のところ、世界最大のコアはオーストラリアの4.2m
    今回の喜界島は約4.5m

    ということは・・・・・・。

    世界最大の可能性だってあるんです!!

    さて、ダイバーにはあまり興味をもたれたないハマサンゴですが、日本最大級のハマサンゴを見にきませんか?

    サンゴの年輪

    本日、某研究機関よりハマサンゴの調査の協力依頼をいただきました。
    以前、NHKでも放送されましたが、東京大学と共同でハマサンゴの研究により、その当時の気候等を推測している研究らしいです。

    なんでも、ハマサンゴには樹木の年輪と同じようなものがあるらしく、それにより年代を誤差10年程度まで測定することが出来るそうです。その含まれている炭素等により当時の気候状況がわかるらしく・・・。
    あとは難しくてわかりません(笑)
    まあ、とにかく海中のハマサンゴのサンプリング調査を行いたいのでそのサポートをして欲しいとのことでした。

    喜界島は世界で3番目の速度で上昇している隆起さんご礁の島。
    その調査によっていろんな気候変動がわかるそうです。

    さて、事前調査ということで今日は、色々な場所をめぐって、海中だけでなく陸上もめぐったのですが、ハマサンゴよりも、今日は戦争跡地に目がいっちゃいました。

    通常、特攻隊といえば飛行機を想像する方が多いと思います。
    しかし、海上攻撃にも特攻隊が組織されました。
    島尾敏夫さんが小説に残された、いわゆる人間魚雷です。
    有名なのはカケロマですが、喜界島にも小野津と早町にその部隊が配属されました。
    「震洋」の格納庫がいまだに喜界島にも残っています。
    他にも、帝国陸軍滝川部隊と記された壕が滝川にも残っています。
    喜界島の観光って、戦跡を巡ってもいい感じかもしれませんね。

    さあ、皆さん、どうやら喜界島は空梅雨の模様。
    海には最高なシーズンが巡ってきました。
    思いっきり喜界島を楽しみましょう!!


    話は変わりますが、前の記事のコメント3件。
    承認していないので読めませんが、誹謗中傷と脅しのコメントです。
    2chでどうやら金曜日以降に貝殻屋を攻撃予定らしいです。
    削除しようと思ったのですが、警察に被害届を出したところ、威力営業妨害で操作するので証拠として残しておくようにと指導があったので残してあります。
    インターネットは匿名性といわれますが犯罪の場合、すぐに特定できます。
    今回も鹿児島県警のサイバー犯罪対策係に通報ずみです。
    ご自分のやったことは自分で責任をとっていただきます。

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    プロフィール

    kaigaraya

    Author:kaigaraya
    奄美大島の東 喜界島でシーカヤックのお店やってます。
    サーフィンやダイビングも楽しんでまs

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    タイドグラフ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。