スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    旅の途中

    せっかく暖かくなったのに、ここ最近は真冬へ逆戻り。
    上着がかかせません。

    さて、本日、貝殻屋リピーターからお電話いただきました。

    Yさんは、貝殻屋開業してすぐの頃、飛び込みでいらっしゃった方。
    僕よりも、すこし年上の方ですがとってもパワフル。ダイビング、カヤック、島探検と貝殻屋メニュー全てを体験した上に、連日連夜の大宴会。

    おかげで胃薬が手放せなかった4日間・・・。

    その後もお客様をご紹介いただいたりと、貝殻屋をずっと応援してくれてます。


    そんな彼女が!!!

    ついに!!!

    彼氏ができました

    そして彼氏との旅行で喜界島に再度いらっしゃるとのことです。



    とりあえず 胃薬を大量に用意しなければ・・・。

    今回の希望は、

    島にある戦跡めぐりと、荒れている海でのカヤックサーフィン。
    あいかわらずパワフルなようです。

    詳細の打ち合わせしようとしても

    『いーよー。そんなの。ついてから適当でいいよ。貝殻屋の適当なところが好きなんだから』

    という訳で、今回は
    つーか   今回も適当ツアーで(笑)

    そんな貝殻屋では、喜界島探検ツアーやカヤック、ダイビングのお客様募集中です。
    ツアーの内容は↓の感じで




    スポンサーサイト

    オオゴマダラの季節到来!!

    春から夏へと、変わる途中の梅雨時です。

    久しぶりにフリーな時間なので喜界島を探索してきました。

    今年から、島トウガラシの栽培に挑戦しようかと思い、昨年、苗を販売していた加工センターへ向かってみたら

    P5240009.jpg

    なんと オオゴマダラの保護・観察施設が平張りハウスのなかに出来ていました!!
    昨年、喜界島探検ツアーのお客様をお連れした時は、棚をつくってあるだけでしたが、今年は平張りのなかをオオゴマダラなどの蝶が乱舞しています

    P5240010.jpg
    P5240011.jpg
    P5240015.jpg
    P5240013.jpg
    P5240012.jpg
    P5240014.jpg


    さて、お目当ての島トウガラシの苗なんですが・・・・。
    今年は販売しないという結果です・・・・。

    しかーし、転んでもただでは起きない貝殻屋

    喜界島の桃太郎トマトを使用したケチャップと島ミカンのジャムをゲットしてきました

    P5240016.jpg
    P5240017.jpg



    もちろん貝殻屋ネットショップで販売します。

    貝殻屋ネットショップはこちら↓
    貝殻屋ネットショップ

    アンマー

    今日は、卒論の子に付き合って某集落のおばあちゃん達に話を聞きにいきました。

    一人目のおばあちゃんは、日本最後の特攻兵を見送った方。

    あの人達がかわいそうでね・・・。
    一生忘れることができないの。

    wa.jpg

    僕らのしらない戦時中。
    この方の一言一言が胸を貫きます。
    いろんな人が話を聞きにくるそうですが、なかには特攻隊とのロマンスがあったんじゃないかと邪推する人もいるらしく、そのたびに心を痛めていたようです。

    そして突然、はいってきた隣の家のあんまー。
    sa.jpg

    あんた、どこからきたの?

    僕、喜界島ですよ

    みたことないね。


    全然、話もかみ合わないんですが、とっても可愛いあんまー。

    家に火縄銃があるから見においで。

    火縄銃?

    はじめて見ました。
    本物の火縄銃!!!

    s.jpg
    kj.jpg


    喜界島は自然だけでなく人も魅力的ですね。

    旅の途中


    ずっと旅行をしていると色んな出会いがあって、とてもいい友達に巡りあうことがある。
    それを繰り返して、僕は色んな人に助けてもらって生きてきた。
    島に戻り、あまり旅をしなくなってもそれは続いている。

    島で出会った旅人と話をすると、共通の知人がいたりと縁を感じることも・・・。

    今年は、喜界島で皆既日食。
    今までの恩を返せるように。
    喜界島を訪れる皆が楽しんでくれるように。

    さて、今週は正に旅の途中の皆さん。

    ハンカチ王子のいるW大学から卒論のために来ているNさん。
    喜界島の人口や経済など、全ての変動を調べて卒論にまとめたいらしく、役場、図書館、畜産農家、漁師さんと色々めぐります。

    そして、夜中のフェリーで来て、ダイビングして早朝のフェリーで帰るという強行日程でみえた、東京のTさん。
    カケロマ島の友達の家に2週間ほど滞在中にダイビングのライセンスを取得して初のファンダイビングが喜界島!!
    これは気合がはいります。
    あいにくの天気で体調不良となり1ビーチに変更になりましたが、喜界島の海を楽しんでもらいました。

    そして、午後からはその二人を連れて、恒例の喜界島探検ツアー。

    CIMG1876.jpg
    CIMG1875.jpg

    まずは、某集落のYさんの家にある「ムダに横に長いソテツ」

    ながっ!!

    お約束の一言ありがとうございます

    CIMG1877.jpg

    そして、ここは見といたほうがいい。
    ウフヤグチ鍾乳洞
    CIMG1887.jpg

    ハブが出そう・・・

    いや、いませんから(笑)

    この日は雨上がりで、とても綺麗なくもの巣が。
    写真がへたくそでわかりずらいとは思いますが。

    CIMG1885.jpg
    CIMG1884.jpg
    CIMG1886.jpg

    最後は、秘密の場所ですが、ちょっとモデル風に
    CIMG1888.jpg

    なんとなくいい感じでしょ?

    もちろん、島のご飯も食べました

    CIMG1890.jpg

    あなたも旅の途中によってみませんか?



    石切跡

    喜界島は昔、サンゴが死んで石化したものを切り取って、墓石にしていたらしく・・・。
    そのサンゴが先日書いたハマサンゴらしいです。

    通常、干潮時にでるハマサンゴの形を整形した上で切り取るらしいんです。
    池治や色んなところにその跡が残っています。

    そして、今日発見したのが、通常と逆にくり抜いたサンゴ

    CIMG1823.jpg

    写真ではわかりづらいのですが、直角にくり抜かれています。
    リーフのなかに突然現れる石切の跡。
    近くで見ると、とってもミステリアスですよ。

    さて、おとといは夕焼けがとても綺麗でした。
    CIMG1812.jpg
    CIMG1814.jpg

    夏はすぐそこまで来ています。

    プロフィール

    kaigaraya

    Author:kaigaraya
    奄美大島の東 喜界島でシーカヤックのお店やってます。
    サーフィンやダイビングも楽しんでまs

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    タイドグラフ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。