スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    リフレッシュダイブ


    本日のお客様は、某官公庁にお勤めのKさん。
    約半年振りのダイビングということでリフレッシュダイブをしてきました。
    ご都合により、1本しか潜れないとの事なので、ゆったりとスキルを思い出してもらうため、浅くも楽しめるポイントを考えて、さらには西側が低気圧の影響で荒れているので、東側の花良治ビーチに決定。

    今日は、満潮時にスタートしたので、リーフを歩くことはなかったのですが、その分、水面移動の距離が伸びます・・・。
    まあ、ゆっくり行きましょと、沖へ向かってGO。

    当初はなかなか潜水ができなかったのですが、時間をかけてゆっくりと潜行します。

    サンゴの群生ポイントに向かう途中、水深6m付近でコブシメちゃんを発見。
    9805kobusime3.jpg
    (写真は別のHPから引用)

    そして、体が思い出してきたKさんは、あっちへ行きたい、こっちへ行きたいと意思表示。
    ダイビングの面白さを思い出したようです(笑)

    一番見せたかった幼魚ポイントも喜んでいただけました。

    CIMG1808.jpg

    喜界島での勤務があと半年というKさん。
    出来るだけダイビングをしたいって事ですので、またのお越しをお待ちしていますよ


    さて、先日ウミガメの産卵を見にいった際に、海に傷ついて打ち上げられた海鳥。
    これの名前はなんでしょう?
    図鑑で調べたらなんとなく、コミズナギドリっぽいんですが・・・。

    CIMG1807.jpg
    CIMG1806.jpg

    うーーん?アナドリかな?

    詳しい人の情報お待ちしております。


    スポンサーサイト

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    ウミガメの産卵


    喜界島に

    ウミガメが産卵に

    tnr0809191002006-p1.jpg

    キターーーー


    いやマジで感動です。
    ちょっと場所は秘密ですが、夜9時にいつものようにウミガメの見回りに行ったんです。
    そしたら、なにやら波打ち際に大きな物体が・・・・。
    まさかウミガメとは思わずにライトを当ててみると

    CIMG1801.jpg

    甲羅の幅が約60cm、長さが70cm前後のアカウミガメ。
    あーー、警戒して帰っちゃうかなと様子をみていると、上陸して砂浜を歩きまわります。
    とりあえず、連絡を頂きたいとメールくれた方々に電話。
    ところが、興奮のあまり全員には電話できてません・・・・。

    そしてダミーの産卵穴を3つほど掘り、23:24分から産卵が始まりました。

    CIMG1800.jpg
    CIMG1797.jpg
    CIMG1795.jpg
    CIMG1794.jpg
    CIMG1793.jpg

    本当に感動とはこの事を言うのでしょう。
    一般的に涙といわれる海水を目から流しながら必死で卵を産みます。
    産んだあとは、前足や後ろ足を使い埋めならしていきます。
    周りでみている方もライトをあてないように注意しながら撮影や見学をしています。

    たぶん、喜界島でのウミガメの産卵を動画でとったのは初めて?







    貝殻屋の最初の目的は、島の子供たちに島の海の素晴らしさを知ってもらうこと
    ぜひ、ルールを守って親子で観察してみませんか?



    鹿児島のカヌー事故について


    鹿児島で起こった小中学生のカヌー事故について僕なりの気持ち。

    まずは死傷者が出なくて良かった。
    そして、新聞報道でしか知識はないが、波高3m 風が15mの海に初心者を出す判断が適切だとは思えない。
    体力的な問題だけでなく、恐怖心で体が動かなくなるのをなぜ、その場の担当者が考えなかったのかが不思議だ。
    もちろん、その場にいた訳ではないので、報道をもとに現場の状況を頭に浮かべただけの結果です。

    海は危険。だからこそ楽しい。

    それが僕のモットー。でも、それは事故を防ぐ最大の努力をしての話。

    貝殻屋のツアーの際の講習のときに、その時の風の流れや潮の流れはもちろん説明する。
    転覆しないための漕ぎ方、そして危険を脱するための方法、さらには転覆した場合の対処方法。
    それでも、僕の中には常に事故に対する不安がある。
    水深が浅い、深いは事故の死亡率にあまり関係がなく、事故を起こさないためにはというのを考えている。
    お客様を連れていくところはいろんな状況の中で漕いでみて、自分が慣れてからしか連れて行かない。
    お客様が大丈夫だから行きたいといっても、自分が駄目だと思ったら断る。
    そこをやってしまうといつか僕は誰かを殺してしまうと思っている。

    そして、今回のカヌー事故の一つの原因がカヤックの種類だと思う。
    シットオントップという種類で、最近はカヤックフィッシングが流行っていることもあり、どんどん数を増やしている。
    特徴としては、安定感に優れ、転覆した時の再乗艇が楽だということ。
    しかし、それは潮の影響や風の影響をまともに受けるということでもある。
    カヤックと比べて価格がかなり安いということもあって、屋久島、種子島、沖縄では最近、この嫉妬オントップを使ってツアーをするお店が増えている。
    だけども、僕は危険だと判断して使わなかった。
    もちろん、最近出ているシットオントップには潮の流れに打ち勝つようなモデルもあるようですが。

    しかし、シットオントップをつかって、大潮の引き潮で強風のときに中止の判断をしない担当者はどういう判断のもとに決行したのかわからない。

    一番僕が心配しているのは、これがきっかけとなり、島の子供たちへの海への締め付けがはじまるのではないかということ。

    貝殻屋がどうではなく、海はそんなもんです。
    舐めてかかると事故が起こる。
    用心をしても事故が起こることもある。
    でもね、それが海の遊びなんです。

    ある人の言葉で
    『1国を潰すことは簡単だ。それはその国の若者が冒険をしなくなればいい。その国はすぐにでも潰れるだろう』
    という言葉がある。

    危険を回避する手段を考えるのでなく、危険だと思われることすべてを逃げてしまうと何も始まらない。
    危険だけども、それを回避するためになにが出来るか?
    それを一緒に考えてみませんか?



    CIMG1775.jpg

    今日のダイビングは看護師のKさんとチエちゃん。
    一本目は貝殻屋の目の前のビーチダイブ


    なんですが・・・・・。


    雨の影響で濁っています。
    しかも、誰かが網を仕掛けてあり・・・・。

    断念。

    一本目はキャンセルになってしまいました。

    とりあえずご飯でも食べて別のポイントに行きましょって事になり、本日のお店は

    CIMG1776.jpg

    ウェットをつけたままで、濡れているですがと相談してみたら快くOKしていただきました。

    今日のメニューは

    CIMG1777.jpg

    さあご飯を食べながら次のポイントを相談して、島の反対側 佐手久集落にあるユガサキへ向かいます。せっかくなので、喜界島の絶景を

    CIMG1779.jpg


    CIMG1778.jpg

    CIMG1780.jpg

    次は百の台

    CIMG1781.jpg

    そして牧場へ

    CIMG1782.jpg
    CIMG1783.jpg

    ユガサキも濁ってはいるものの、あの割れ目から入るアドベンチャーちっくな地形に満足していただけたようです。
    とは言え、最近はビーチばかりなので、ダイビングボートを別の港へ回送して、次からはボートダイビングメインで行きますよ!!

    CIMG1784.jpg




    喜界島探検ツアー

    夕方、突然のお電話。
    喜界島で歯科医院を経営される大山さんのご紹介で夕方からの喜界島探検ツアーがはいりました。

    ご紹介ありがとうございます。

    急遽のご依頼なので、どこに行こうか思案して・・・。
    とりあえず

    CIMG1768.jpg

    手久津久の巨大ガジュマル。

    そして僕の秘密のビーチへ

    CIMG1770.jpg

    途中、夕日を見にいったのですが、あいにく雲がかかり断念。
    島のリトルマーメイドを見たりと気がついたら周りは夜の闇につつまれていました。

    そのまま大山さん夫妻とご飯でもということで、十兵衛へ

    CIMG1771.jpg

    CIMG1772.jpg

    CIMG1774.jpg


    お客様の一人がたまたま大山さんの奥さんと同じ宮崎出身ということで話も盛り上がります。

    さあ、次は体験ダイビングへどうぞ!!

    明日は、またもや常連さんのファンダイブ!!!
    天気が良くなるのを願うばかりです


    オーシャンアスリート


    奄美大島でカヤックガイドとして働いている「白畑瞬」がハワイモロカイ島にて開催の「モロカイワールドチャンピオンシップカヌーレース」に出場してきました。
    無事、奄美にも戻ってきたようです。

    IMG_61831.jpg

    イケメンでしょ?
    俺には負けますけど(笑)

    この白畑君のカヤックも、奄美の地元メーカーが作成しているんです。
    去年のシーカヤックマラソンの上位入賞者が多数しようしていた「アヤハブラ」
    めっちゃ欲しいですね

    7000060784301if.jpg

    奄美から世界へ!!
    そして喜界島から世界へ!!
    貝殻屋でも本気でやりたい人がいたら応援しますよ。

    昨日のダイビング

    CIMG1752.jpg
    CIMG1753.jpg


    予約どうり takaさん夫妻とKさん。
    あいかわらず強風のため本日もビーチダイブという事でスギラに来たんですが・・・。

    だめだーーーー。

    海は激濁り、さらには大潮の影響で体が引っ張られます。
    これは駄目だ・・・。
    とりあえず一本目は断念。

    今日は、ちょっと無理ですね

    そう判断したのですが、Kさんにとっては念願の喜界島初ダイビング。
    なんとか潜らしてあげたい。

    引き潮なので、かなり歩くポイントがありますがどうしますか?って聞いてみると頑張りますとの返事。
    takaさん夫妻もせっかくなので潜りたいとのこと。

    じゃあ、さきにランチをして体力つけてトライしましょう。

    CIMG1751.jpg
    CIMG1754.jpg

    そう、おへんろウドン でこ です。

    ここは外れはないですね。

    そして花良治ビーチに挑戦です。
    大きく潮の引いたビーチをひたすら歩く。
    腰くらまでの深さにたどり着いたら、水面移動です。
    そして目の前に広がるのはサンゴの畑。
    久しぶりの花良治ダイビング。やっぱり最高です。
    ここはボートダイビングもできるんですが、そこはサンゴの森が広がっています。

    さて、本来なら2ダイブの予定だったのが1ダイブだけになっていまったので、お詫びに喜界島探検ツアーでご案内する鍾乳洞へ

    CIMG1763.jpg
    CIMG1761.jpg
    CIMG1759.jpg


    またのご利用をお待ちしていますね


    CIMG1765.jpg

    今日の夕日

    CIMG1744.jpg

    今日は北西の風で東シナ海側は荒れ模様・・・。

    明日は、常連さんのタカさん夫妻と最近喜界島に移住してきた女の子のファンダイブがはいっているのに・・・・。
    ウネリが取れればいいんですが・・・・。

    さて、今日はある海岸にウミガメの足跡があったので、そろそろ産卵するのではと夜の海へいってきました。

    CIMG1749.jpg

    残念ながらウミガメの産卵は確認できなかったのですが、去年がちょうど今頃産卵を確認しています。
    これから夜はお酒を控えて浜辺の散歩だな。

    CIMG1750.jpg

    夜はカニの大行進がみれますよ。

    さて、希望者がいればウミガメの産卵を発見した場合ご連絡いたします。
    ただし次の条件が守れる方に限ります。

    ①騒がない
    ②産卵の邪魔をしない
    ③カメラのフラッシュおよび明かり等で照らさない

    ウミガメの産卵を写真に撮りたいとかの気持ちはわかりますが、あくまでも上の条件が守れる方だけお知らせいたします。

    私、海女になりたいんです・・・。


    middle_1147819289.jpg



    私、海女になりたいです・・・。
    死ぬんだったら海で死にたい。

    そんな言葉と共に喜界島に移住して来た女の子がいました。
    期間限定移住のため一度は東京へ戻ったものの、喜界島シックにかかり2週間で喜界島へ舞い戻った女の子。
    前SDCオーナーのミツル兄を「島のお父さん」と呼び、喜界島に笑顔を振りまいていました。
    僕も、何度となく一緒にダイビングをし、焼酎を飲みとても信頼していた女の子。

    そんな彼女も、仕事の都合で今は別の島に住んでいます。
    そして、ついに東京へ戻る決意をしました。
    そして、東京へ戻る途中に喜界島にダイビングで寄って行きます。

    それは、新たな生活へ旅立つための一つのケジメなんだろうと思います。

    ㈱喜界島LifeStyle ダイビング部門SDC喜界の全力をもって彼女の新たな生活の一歩となる想い出ダイビングをバックアップします。

    また、いつの日か喜界島で会えるのを楽しみに待ってますよ!!


    また、話は変わりますが、僕が高校を卒業して最初の職場だった頃の先輩の紹介により夜光貝の置物の問い合わせがありました。
    継続取引は明日のサンプル商品提出後の結果次第ですが・・・。
    もしも商品を気に入ってくれたら、今後注文がある予定です。

    I兄、御紹介ありがとうございます!!

    ㈱喜界島LifeStyleは法人化前の貝殻屋の頃から数多くの方々の御協力や応援で支えられています。皆さん本当にありがとうございます。




    顔合わせと夜光貝ランプ

    今日は、ダイビングサービス開業ということで地元の漁業関係者との顔合わせです。

    僕からすれば雲の上の存在の方々・・・。
    めっちゃ怖いっす。

    でもダイビングの将来性や海の怖さ・・・、色々と勉強になりました。
    カジキのつり方やサワラ、カツオの漁について教えてくれる先輩方。

    CIMG1738.jpgCIMG1739.jpg

    めっちゃ怖かったけど、なんとか受け入れていただきました。ワザワザ僕のために集まってくれた先輩達に感謝です。
    中には4年ぶりにお酒を飲んだ方もいらっしゃします。
    その理由が、島の後輩が海で生活するのにお祝いをしないわけにはいかない!!

    本当にありがとうございます。

    そして、今日は、GWのゲストの中で喜界島に来て結婚を決意したカップルのために記念の夜光貝ランプを作ってみました。

    CIMG1736.jpg

    名前はだせないけども、貝殻屋にとって、とても嬉しいんです。
    喜界島に来て一生を過ごすことを決意してくれた。
    そんな二人に僕ができるのは対したことではありませんが、精一杯の気持ちをこめて

    ワタルからKO-ICHI & ALISAへ

    CIMG1735.jpg


    貝殻屋CM2009

    昨年、大好評をいただきました貝殻屋CM

    mixiバージョンだけでなく、youtubeバージョン、サバニバージョンと3つ作りました。
    去年は、友人である「かりゆし58」のご協力により音源をお借りしました。

    そして皆既日食のある2009年は貝殻屋の1周年記念もあるので、奄美に特定して作りたいと思います。
    音源は奄美大島のカサリンチュ。



    この「僕の部屋」バージョンを作りたいと思います。
    近日、Up予定ですのでよろしくお願いします

    貝殻屋CM youtubeバージョンは↓



    さらには、僕の大好きな奄美の唄者 サーモン&ガーリック バージョンも作っちゃいます



    そして第二の元ちとせ 中村ミズキと奄美観光大使のハシケンさんの「TSUMUGI」バージョンも準備中ですよ。



    もちろん喜界島のミュージシャンを忘れたわけではありませんよ!
    dokidokiバージョンや、牧岡奈美バージョン、そして島唄では前泊優香バージョンを計画中です。
    ミュージシャンといえば沖縄ってのは古い考え、今暑いのは奄美です!!!

    皆既日食切手 正式受付

    先日、お知らせいたしました
    皆既日食 In 喜界島の記念切手シートを正式に受付いたします。
    CIMG1673.jpg

    すでにメール等で予約・問い合わせされた方は受付済みです。

    ぜひ、この機会にどうですか?

    皆既日食切手

    この切手の売り上げは、ライオンズクラブの趣旨にのっとりボランティア活動の原資になります。

    さて、話は変わりますが、貝殻屋は本日も体験ダイビングのポイントに生息しているクマノミちゃんに会いにいってきました。
    ただねえ、そのクマノミの寄生するイソギンチャクの周りにはゴミが・・・。
    喜界島の皆さん、
    ゴミは海にではなく、お持ち帰りをお願いしますね。

    さらにさらにお話はかわって
    昨日はある農家さんと面談してまいりました。
    知人の紹介でお会いすることになったんですが、喜界島でパッションフルーツを栽培されております。
    しかも、無農薬にこだわり、堆肥も農薬が混ざらないように選ぶというこだわり。
    CIMG1723.jpg

    ちょうど今は花から実へと変わる頃

    CIMG1731.jpgCIMG1733.jpg


    さて貝殻屋では、この、こだわりパッションを1kgで2400円で販売します。
    出荷は6月中旬を予定しております。
    すでに東京や大阪の業者から問い合わせが殺到していますのでお早目の予約をお願いします。
    ご予約は

    kaigaraya@drive.ocn.ne.jp  まで

    新しい観光場所


    今日から梅雨です。
    雨がシトシトと降っていますが、梅雨には梅雨の楽しみ方があります。

    海の中ではちょうど子育ての真っ最中。この季節にしか見れないものがたくさんありますよ。

    そして今日、僕はあいた時間にさっとスギラにいってきました。

    その目的は・・・。

    体験で大人気のクマノミちゃんとハマクマノミの写真撮影。
    kumanomi01.jpg

    さらには、喜界島出身のある社長さんが自費で作り上げた新たな名所(オオゴマダラ公園)へいってみました
    CIMG1715.jpgCIMG1716.jpg

    日本最大の蝶であるオオゴマダラは喜界島が北限とされています。(現在は宮崎等の温室でも)
    そのサナギは黄金色に輝きとても綺麗
    CIMG1721.jpg

    今年のイチオシポイントですね

    また、喜界島ではどこでも咲くので「馬鹿花」と言われるハイビスカスもちょうど梅雨の今の時期は綺麗です
    CIMG1709.jpgCIMG1710.jpgCIMG1711.jpgCIMG1712.jpg



    貝殻屋もこれからの季節は忙しいけども、自分も楽しんじゃいますよ。
    明日からはウミガメの産卵の確認。
    梅雨の間は幼魚の撮影。
    梅雨が明けたらサンゴの産卵
    それが終わればウミガメの孵化です

    さあ、皆さん 喜界島を思い切りたのしみましょう!!!

    体験カヤック

    CIMG1693.jpg


    さあ、今日のゲストは昨日のよやくどうり、マリちゃんとチエちゃん。
    マリちゃんは経験者だけどもチエちゃんは今回が初体験!!

    さあ、海抜0mの世界へGO!!

    と行きたいところですが・・・・

    あいにく、奄美地方は今日から梅雨入りです・・・。

    雨の中、貝殻屋ホームの池治で練習はするのですが、波が高く沖へはでられません・・・。

    ごめんねーーーー。

    しょうがないので気を取り直して、大サービスで観光案内へGO

    CIMG1705.jpg

    こーんな入り口から入ると
    CIMG1708.jpg

    島っぽい並木があって、さらに奥にすすむと秘密のビーチが!!

    こんどはご主人と一緒にどうぞ

    さて、昨日のダイビングの写真もついでにUPです
    CIMG1688.jpgCIMG1691.jpgCIMG1692.jpg




    スタッフ紹介 非常勤スタッフ

    CIMG1689.jpg

    貝殻屋のたよれる非常勤スタッフ まこと

    性格はいたって温厚。

    無口なためクールと勘違いされるが、酒を飲めばしゃべる
    そのクールっぽいところに勘違いした一部ゲストに熱烈な支持を受けるが、ワタルから

    「あいつは日本語がわからないだけ」

    とジェラシー丸出しの発言で断定される

    幼少の頃から素潜りをし、SDCの前オーナー ミツル兄のしたでさらにそのスキルをUpさせた

    食べれる植物や魚についての造詣が深く、ワタルから「マコトが飢え死にするときは地球滅亡の日」と絶賛される

    海洋研の春合宿では、下克上という罰ゲームで

    「マコリン、最近どうよ?」といわれ、そのたびに、類まれな握力でアイアンクローをお見舞いし、数々のチャレンジャーを撃沈させてきたため、海洋研究部の一部男子からは神のように奉られている。

    愛妻家で二人の子供をもち、大工の本職をいかし、すでに家を建てている。



    本日の海

    今日は午前中はシーカヤック。
    午後はダイビングの2本立て。

    午前中のお客様はT病院に勤務する星君とその同僚さん。同僚さんは来週喜界島を離れるようで思いで作りにカヤックを体験しにきました。

    話を聞くと、リンク先である福岡の海面クラブで何度かお世話になったことのあるそうで、AMIママの料理を絶賛しています。
    AMIママ、シーカヤックマラソンでの再会を期待していますよ!!

    さて、本日はうねりはないものの、なぜか風と流れが強いかんじです。
    二人とも経験者ということで、池治~中間坂嶺の往復コースを選択。
    順調に中間の秘密のビーチ。
    そう通称ワタルビーチに到着です。
    ちょこっと休憩をして池治に戻ろうとスタート。

    前に進みません・・・。

    逆風と波が高すぎて、本日のゲストにはちょっと難易度が高いと判断。

    急遽、ワタルビーチへ引き返します。

    まあ、海の機嫌が悪いとこんなこともあります。

    ゲストを見送りしたあと・・・

    写真撮り忘れた・・・・

    ごめんよ お二人さん・・・・。次回はちゃんとUPしますよ

    そして午後からはビーチダイブ。
    本日のお客様はもう貝殻屋の常連さんですね。

    診療所に勤務するタカさん夫妻です。

    ボートの予定だったのですが、急遽ビーチに変更してのダイビング。

    ゆったりと潜りたいとのリクエストに答えて、深さもひかえめでいっちゃいます。

    20080918_04.jpg

    こーんなマクロなエビちゃんやウミウシを発見。

    さらには、ビーチの中でクマノミ、ハマクマノミの親子も発見。

    スギラのビーチダイブも捨てたものじゃあ、ありません。

    ただねえ、スギラを潜るたびに書いていますが、ゴルフボール・・・・。

    なんとかならないですか? ゴルファーの皆様。


    とにもかくにも、ゆったりとしたカヤック&ダイビング 楽しんでいただけましたか?

    明日は、タカさんの奥さん チエちゃんと 最近結婚されたマリちゃんのカヤックツアーです。

    明日も楽しみましょ!!

    奄美シーカヤックマラソン参加募集とありえない出来事

    忘れていましたが、ことしもチーム貝殻屋は奄美シーカヤックマラソンに出場します。

    そこで出場選手を大募集

    まだシーカヤック未経験者も大会までに出場者専用料金で指導します。
    一緒に大島海況を渡ってみませんか?
    大島海峡はロケーションは最高です。海の中は喜界島のほうが綺麗だけど、あのロケーションはありえません。
    また去年はチナツ、トッシャンが初心者にもかかわらずハーフタンデムで16位に入賞。
    今年は、カケロマ観光も含めてやりたいなと思っています。
    一応料金説明

    大会参加費 10000円 + カヤック利用料金 7500円 + 宿泊費および交通費
    民宿利用者は 2泊3日で35000円(食事代別途)
    テントでOkの方は 30000円(食事代別途)

    この大会は参加する価値ありですよ


    まあ、話は変わりますが・・・。
    今日、貝殻屋の掃除をしていたときのこと。
    ある旅行者が立ち寄りました。
    海が好きという事で色々とお話をして、今年最初のウミガメの産卵場所を教えてたりしてたんですが、突然、もっていた空き缶を海に捨てたんです

    327820.jpg

    いやいや ありえないでしょ
    海好きなんですよね
    しかも周りには小学生がいてゴミを拾っていたんですよ

    53006.jpg

    確かに貝殻屋のモットーは

    「貝殻屋ではエコツアーはしません。そんなツアーがご希望の方は沖縄か奄美へどーぞ」
    ですが・・・。
    それは海を汚していいという意味ではなく、エコツアーって名前のツアーが自然を壊している。
    そんな大義名分じゃなくて、今ある海を守って楽しもうよって意味なんです。
    ビーチクリーンも強制ではなく、普通に楽しみながら海を綺麗にしたいだけ。
    だってボランティアって言葉ってあまり好きじゃないから。
    だけど、それは海を汚そうよって意味じゃないから。
    もちろん、その方に説明して拾ってもらったら

    「喜界島にはゴミ箱がないから」

    243381.jpg

    喜界島の観光地には確かにゴミ箱がありません。
    それは僕が役場にいる頃から廃止の方向で進みました。
    これは喜界島だけでなく、全国的な流れです。
    自分のゴミは自分で処分する。
    あたりまえのことです。
    ましてや海が好きなかたならわかるはずです。
    ゴミ箱がないから海に捨てるのはやめてください








    mixi


    どうやら mixi(SNS)に貝殻屋のコミュができたようですね。

    貝殻屋コミュ

    SNSですので、mixiに入っている方しか見れないのですが、作っていただいたお客様ありがとうございます。

    貝殻屋では、mixiコミュ有難うキャンペーンとして5月6月に体験ダイビング、体験シーカヤックのキャンペーンをします!!
    値段は下げることはできませんが、体験ダイビング、体験シーカヤックをご利用のゲストの方全員に、青パパイヤジュースを提供、また希望者のかたには夜光貝でつくったウミガメのペンダントトップをプレゼント。
    ただし、ペンダントトップは数に限りがありますのであしからず・・・。


    さて、貝殻屋では5月のほとんどがファンダイビングの予約が埋まっておりますが、少人数の方であればまだ間に合います。
    また、体験ダイビングもまだ空きがありますので早めのお問い合わせをお願いします。

    また、海を見ながら休憩するためのウッドデッキは先日完成したんですが、ある方のご好意により大型コイルを頂いたので、もう一つすお茶のみ場をつくります。

    海を感じたい方はぜひ貝殻屋まで

    GW非常勤ヘルパー 

    Image065.jpg

    GWの地獄のタンクチャージのためにヘルパーとしてやってきた鹿児島大学の学生
    天国と地獄を見た男
    大人の世界のドロドロを身をもって経験した20歳


    name ふみや

    特技 エアー詰め 海の中で道に迷う

    見た目はおとなしそうだが、頭の中は・・・・

    朝から政治談議をする事がまれにある。

    常に上から目線の発言をする

    『ワタルさんが残って欲しいなら残ってあげてもいいですよ』

    喜界島に来た当初は、エアー詰め課長兼鶏の餌係長だったが、とちゅうでゾーリ管理課長まで兼務することになった。

    当初の日程より多く島に残るとき、工学部の講義を休むため、親戚を殺した。

    ユガサキで途中ガイドを任されるが道に迷った

    大学2年生にも関わらず、卒業後の就職が内定している(もちろん貝殻屋)
    貝殻屋での給料はビール飲み放題である

    クワズイモ事件を超える事件をおこす野望を抱いている

    エアー詰めよりも講習を優先した

    シーカヤックの手伝いの際、実をいうと子供好きというのが判明したが、それはロリコン疑惑の発生とも言える。


    将来、貝殻屋を乗っ取る企てをしているらしい。

    皆既日食限定切手 予約受付

    CIMG1673.jpg

    皆既日食限定の切手を全国で限定1000セット販売します。
    喜界島でのオリジナル切手販売ははじめてじゃないかな?

    さて、このオリジナル切手の一枚。

    そう皆既日食の切手なんですが、たぶん、黒を基調にした切手は日本初ではないかとの事。

    さらに限定1000セットのみなので、このチャンスを逃すと手に入れることはできません。

    ご予約はお早めに!!

    また、他にも販売している方がいますので、先着順で送付します。

    kaigaraya@drive.ocn.ne.jp

    までメールください

    貝殻屋スタッフ紹介 ヘルパー編

    夏の貝殻屋ヘルパーが一人決定です!!
    7月1日~7月31日までの非常勤スタッフ よっしー。
    貝殻屋ではスタッフを募集しています。ぜひお問い合わせください




    ○ニックネーム:よっしー、なかじ
              →以前、エロの才能を認められて
               「しも」と称えられたこともあった


    ○性別:見た目はおとこ 心はおとめ の女子


    ○誕生日:1987年
           →趣向が昭和すぎて年齢査証疑惑をかけられ、
            母子手帳を持ち出すこともあったが、リアル21歳っ


    ○血液型:A型RH+
           →初対面ではO型と言われる、うれしいw
            長年付き合うと生粋のA型でしかないらしい


    ○性格:落ち着き、冷静とは無縁
       
         常にロマンを求めている

         わくわくアンテナにふれたら最後
         地の果てまで追い求めるタイプ

         情に厚い

         感動屋さん

         去るものは一度は追ってみる

         頭の中は中2男子レベル

         口が悪いがそれは愛

         基本的にサバサバしてるが
         好きな人にはデレデレしたいっw


    ○好きなもの:旅行・散歩
             →知らない土地での出会いとアクシデントを求めて
              ・タイ旅行時、現地人に間違えられた回数 6回
              ・タイ旅行時、男に間違えられた回数 1回
               どんときやがれっ

             写真
             →フィルムで撮って、現像して焼くとこも全部暗室でやる
              相棒はニコンのFE2っ

             地球を感じる
             →季節の匂い、日光、夕日、星空、海
              涙が出るほど好き
            
             『ONEPIECE』(コミックス派)
             →人生のバイブル、きもちわるいくらい好き    

             フィギュア収集(もちろんONEPIECE)
             →もう女の子の部屋ではない
               好きな男はきっと呼べないw

             イラスト描く
      
             うたうたう


    ○嫌いなもの:下ネタの通じない女子

             靴下や下着など、
             束縛以外の締め付ける系


    ○友人によく言われること:男友「奥さんならいいんだけどな」
                    女友「彼氏にしたい」
                    →彼女になりたいんだなっ 


    ○母によく言われること:「それ、あたしの血じゃない」


    ○よく考えること:ホームで突き落とされやしないか
               すれ違いざまに刺されやしないか 


    ○好きな男性のタイプ:性に対して積極的な人
                  惜しみない愛をくれる人
                  パイ生地のような人


    ○お酒を飲むと:デレデレが顔を出すw

              笑い出す
              泣き出す
              笑い泣きを繰り返す
              疲れて寝る
              記憶が断片的になっている がパターン


    ○できるなら:男に生まれ変わりたいっ
             バイクの免許とりたいっ
             玄関のドアをどこでもドアにするっ

    ○自慢:リア・ディゾンが写真集で着てた
         水着を偶然にも愛用していたこと
         →写真集所有者による「萎える」発言は否めなかった

    よっしー2

    記事こうしんが遅れ気味・・・


    予想以上にキャンセルが出た貝殻屋・・・。
    それでも、きてくれたお客様に感謝です。
    あいにく、高気圧のヘリに滞在して海況が予想以上に悪かったのですが楽しんでくれたみたい。

    画像 100

    そして昨日は、初めてのダイビングの方が体験ダイビングに挑戦!!

    画像 103

    まずは講習ですが・・・。
    ウェットが入りません。
    彼氏さんが彼女さんをサポート

    画像 105
    画像 107
    画像 108
    画像 106

    講習をして。

    画像 104

    コバルトブルーの海へ出発です

    画像 109

    そして夜は

    画像 102
    画像 101


    貝殻屋プロディースは気に入ってもらえましたか?

    注 イセエビは5月1日から禁猟です。
    貝殻屋では漁協組合員から正規のルートで冷凍のイセエビを購入しています。

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    本日のダイビング

    画像 096

    本日のお客様は大阪からお越しのKさんと喜界島で教職につかれているYさん

    一本目は花良治ビーチダイブ。
    僕は夕べのBBQの後片付け。
    とりあえず昼飯を買出ししてお迎えに。

    昼食を食べながら、2本目のエントリー場所を話し合っていると・・・

    「ワタルさんは潜らないの?」

    「そう言えば潜ってるの見たことない・・・」

    そんな声に押されて潜りましたよ2本目。

    場所は佐手久のユガサキ。
    ところが!!!
    耳が痛くて途中でエキジット・・・
    所要時間7分。

    やはり体調管理は大切です。
    お客様には口うるさく言っていますが・・・・。




    さて、以前書いたクワズイモの決定的証拠を発見しました。


    使用前

    画像 060

    使用後

    画像 084
    画像 088
    画像 086


    こうなって最後は病院で

    画像 091
    画像 092

    クワズイモを食べた馬鹿3人
    画像 094


    全国でクワズイモを食べた症例は全国でたったの2例。
    今回、一気に3人増やしてみました。

    体験シーカヤック1時間コース


    さあ、本日はシーカヤックの体験1時間コースです!!

    まずは、パドルの使い方講習
    画像 038

    正しいこぎ方を理解してもらった上で海抜0mの世界へGO.

    画像 005画像 006画像 009画像 018画像 020

    子供も、もちろん挑戦できます!!

    画像 028画像 024

    でもこの親子に悲劇が・・・
    転覆・・・

    画像 021画像 022画像 025

    でも、へっちゃらだもん

    画像 041

    ギャラリーも集まってきます。

    画像 042画像 030画像 034画像 043

    さあ、皆さん楽しんでもらえたかな?

    画像 058画像 059



    またのお越しをおまちしていますね










    GW

    連休ですね!!!

    なのに貝殻屋ではチケット手配が出来なかった人たちのキャンセルが嵐のように襲ってきています。(泣)

    さらに、高気圧のヘリに気圧が配置している為、東の強風で海が大荒れ・・・

    少数とは言え、わざわざ喜界島に来てくれたゲストが少しでも楽しめるように貝殻屋は頑張りますよ!!

    すこしでもゆったりと過ごせるようにオーシャンビューのデッキをずっと計画していたんですが、数々の先輩方の協力で完成しました。

    FSCN4306.jpg
    FSCN4304.jpg

    このデッキ。
    目の前に海が広がっているのです。
    ゆったりとした時間を過ごすには最適です。

    まあ、近所のオバサンが今日、勝手に弁当たべてましたけど・・・。

    今回、貝殻屋のダイビング部門SDC喜界のエアー充填に来た鹿児島大学のダイビングサークル海洋研のフミヤ君。
    お金は払えないので特別にオープンウォーターの講習です。

    FSCN4290.jpg

    FSCN4289.jpg

    貝殻屋ではファンダイビング、体験ダイビングを受け付けています。
    喜界島に来ている皆さん!!
    ぜひ、貝殻屋に!!

    さらに本日は体験カヤック(1時間コース)を2組総勢6名様。
    詳細は明日!!



    プロフィール

    kaigaraya

    Author:kaigaraya
    奄美大島の東 喜界島でシーカヤックのお店やってます。
    サーフィンやダイビングも楽しんでまs

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    タイドグラフ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。