スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    奄美シーカヤックマラソン参加募集とありえない出来事

    忘れていましたが、ことしもチーム貝殻屋は奄美シーカヤックマラソンに出場します。

    そこで出場選手を大募集

    まだシーカヤック未経験者も大会までに出場者専用料金で指導します。
    一緒に大島海況を渡ってみませんか?
    大島海峡はロケーションは最高です。海の中は喜界島のほうが綺麗だけど、あのロケーションはありえません。
    また去年はチナツ、トッシャンが初心者にもかかわらずハーフタンデムで16位に入賞。
    今年は、カケロマ観光も含めてやりたいなと思っています。
    一応料金説明

    大会参加費 10000円 + カヤック利用料金 7500円 + 宿泊費および交通費
    民宿利用者は 2泊3日で35000円(食事代別途)
    テントでOkの方は 30000円(食事代別途)

    この大会は参加する価値ありですよ


    まあ、話は変わりますが・・・。
    今日、貝殻屋の掃除をしていたときのこと。
    ある旅行者が立ち寄りました。
    海が好きという事で色々とお話をして、今年最初のウミガメの産卵場所を教えてたりしてたんですが、突然、もっていた空き缶を海に捨てたんです

    327820.jpg

    いやいや ありえないでしょ
    海好きなんですよね
    しかも周りには小学生がいてゴミを拾っていたんですよ

    53006.jpg

    確かに貝殻屋のモットーは

    「貝殻屋ではエコツアーはしません。そんなツアーがご希望の方は沖縄か奄美へどーぞ」
    ですが・・・。
    それは海を汚していいという意味ではなく、エコツアーって名前のツアーが自然を壊している。
    そんな大義名分じゃなくて、今ある海を守って楽しもうよって意味なんです。
    ビーチクリーンも強制ではなく、普通に楽しみながら海を綺麗にしたいだけ。
    だってボランティアって言葉ってあまり好きじゃないから。
    だけど、それは海を汚そうよって意味じゃないから。
    もちろん、その方に説明して拾ってもらったら

    「喜界島にはゴミ箱がないから」

    243381.jpg

    喜界島の観光地には確かにゴミ箱がありません。
    それは僕が役場にいる頃から廃止の方向で進みました。
    これは喜界島だけでなく、全国的な流れです。
    自分のゴミは自分で処分する。
    あたりまえのことです。
    ましてや海が好きなかたならわかるはずです。
    ゴミ箱がないから海に捨てるのはやめてください








    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    kaigaraya

    Author:kaigaraya
    奄美大島の東 喜界島でシーカヤックのお店やってます。
    サーフィンやダイビングも楽しんでまs

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    タイドグラフ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。