スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    島をおもう


    島に生まれて島に育ち島に帰って来た。

    二度と戻らないつもりで、高校卒業と同時に島をでた。

    東京や広島で過ごして、嫌いだったはずの島の方言やシマウタを恋しく思った。湘南の海の香に悲しくなり島に帰る事を決めた。

    今、ダイビングやシーカヤックをして、島のゴミにムカついている。

    漂流ゴミだけではなく、島の人の捨てたゴミもたくさんある。

    瀬戸内町では、下水道事業に反対する人が多いらしい。

    あの大島海峡の美しさを守るためには、下水道は絶対に必要だ。
    名瀬港で珊瑚が復活したのも下水道により、生活排水の処理が進んだからだ。

    なんか今の風潮は公共工事イコール無駄遣いという勘違いが蔓延っている。

    もちろん、対費用効果ってのは大事だけども、お金に換算できない大切な事だってたくさんあるのに。

    喜界町も下水道を導入している、あとは赤土の流出を防ぐために設置されている沈砂池の管理をしっかりとすれば海洋環境も大幅に改善される。

    そして島の人のモラルがしっかりすればゴミの投棄も減るだろうし、ゴルフボールを打ち込むような事もなくなるだろう。

    僕はいわゆる自然保護団体なるものは嫌いです。でも、住民がモラルをもってゴミのポイ捨てを辞めるのは当たり前の事です。

    いつか、また島の海を忘れられずに帰ってくる人達のためにも。

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    kaigaraya

    Author:kaigaraya
    奄美大島の東 喜界島でシーカヤックのお店やってます。
    サーフィンやダイビングも楽しんでまs

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    タイドグラフ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。