スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    屋久島に想う そして喜界島に想う

    昨日のニュースで、屋久島町議会が、屋久杉への観光客の入場を制限する条例を提案中との報道を見た。
    詳しくは見ていないのですが、1日の入場者を制限、また料金を徴収するようです。

    色々な意見があるでしょうが、賛成ですね。
    数年前からエコツアーやネイチャーツアーが増えています。
    もちろんその事自体はとても素晴らしいことだと思います。だけど、それと同時に人間が数多く入ることにより環境の悪化も指摘されてきました。

    ある島では、マングローブ探索のさいに、同じ根を足がかりにするため、根を損傷したとか、野鳥の見学会で野鳥が営巣をやめたとか・・・。
    もちろん悪意はないんだろうけど、善意でもないですよね。それを見たいというのは人間のエゴですから。

    ウミガメの孵化も同じ。それを見学したいというのは人間の勝手な理屈。
    子供にみせたい親の気持ちは理解できるけどウミガメにとっては勝手な話。
    だからこそ、ある程度のルールを作り、それを守らない人には見てほしくない。
    ウミガメの子供が海へ帰るまで色んな生物が襲います。
    カニやオカヤドカリ、海に入ればそれを狙って魚がまっています。それが自然です。
    それを見守るだけです。絶対に手出しはしてはいけない。

    昔からの貝殻屋のお客様はご存じだと思いますが、当初の貝殻屋のHPにはこう書いてありました。

    エコツアーやネイチャーツアーなんてのはやっておりません。
    それがご希望の方は沖縄や奄美へどうぞ。

    僕は喜界島にたくさんの人が来てほしい。
    だけども、あまりにも多くの人には来てほしくない。
    二つの矛盾が常に頭の中にあります。
    今回の屋久島議会の条例もそんな気持ちから生まれたのではないでしょうか?
    ちゃんと料金を徴収し、それを保護に使う。
    これは当たり前の事ですよね。

    さあ、夏本番です。
    今年も色んな人と出会っていきたい。



    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    kaigaraya

    Author:kaigaraya
    奄美大島の東 喜界島でシーカヤックのお店やってます。
    サーフィンやダイビングも楽しんでまs

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    タイドグラフ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。